こだわりレモンの食材紹介

レモンのメニューは、

日本人が昔から食べてきた伝統的な食事を基本に考えています。

長寿国としても有名な日本の伝統的な食事法には、
すばらしいパワーがたくさん秘められていて、
近年、ヘルシーフードとして世界でも注目を集めるほどになりました。

そんな日本食の大きな特長は主食と副食がはっきりと分かれていて、
栄養のバランスがよく、どんな素材が使われているかひと目で分かるところと、
主食は玄米や白米などのお米、
副食には野菜を中心とした豆や海藻などが豊富に使われていることです。
また味噌や醤油、梅干、漬物などの発酵食品を食べることで、
抗酸化力の向上に効果的だと言われています。

では、レモンの一番のこだわりの玄米から始めます。

  玄米 
 
日本人が食べ続けてきた玄米は、最高のデトックス食材です。
稲から籾殻を取っただけの玄米は、
人間が健康を保つために必要な栄養素をほとんど摂取できることから、
「完全栄養食」と言われています。
かつての日本人の主食だった玄米は、
私たちが日常的に食べている精白した白米とは、
比較にならないくらいの栄養価を誇ります。
含まれているビタミンやミネラルの数は、実に40種類以上。
昔の人が「一汁一采」の食生活で健康を維持できたのもわかります。
それを白米に置き換えると、
とたんに「一日30品目」以上を摂取することを求められてしまうのです。

豊富な栄養がどこに含まれているかといえば、
白米を包むぬかと胚芽の部分です。
ぬかには、たんぱく質や脂質、食物繊維が。
胚芽には、ビタミンB郡、ビタミンEやK、ミネラルを多く含んでいます。
玄米はナトリウムとカリウムの割合が1対5と人間の細胞に近いことから
人体にとって自然で負担が少ない食べ物なのです。

玄米を食べるときは、
唾液の分泌を盛んにして、胃腸への負担を軽くするよう、
よく噛んで食べてくださいね!

レモンの園児用の玄米には、
熊本県あさぎり町の有機無農薬の五分付き玄米を使用しています。

 玄米の選び方 

玄米は胚芽に農薬や毒素に当たるものを蓄積させてしまうといわれているため、
可能であれば有機栽培のものを選んでください。
青い未熟米がなく、粒がそろっているものを。ツヤがあるともっと良いですね。

 玄米の保存方法 

炊き上がった玄米はなるべくそのまま食べることを心がけてください。
炊飯器のまま保存する場合は、1〜2時間が保存の限度です。
それ以降は、一膳ずつ小分けしてラップで包んで冷凍保存をしてください。

posted by: レモン | - | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
食育祭参加


食育祭・in・ふくおか2012 のご案内

11月3日(土)

クローバープラザ

10:00〜16:00

【テーマ】 HAPPYの種さがし 未来あるこどもたちのために

「食べる」「買う」「知る」「学ぶ」「体験する」
あなたのHAPPYを見つけてもらえるとうれしいです。

 http://www.shokuiku-fukuoka.jp/shokuikusai2012/


 * * * *   * * * *   * * * * 


急ですが、レモンも食育祭のイベントに、お弁当を出すことになりました。

今は幼稚園、保育園専門のお弁当を作っているので、

お断りをしていたのですが、

レモンのお弁当を

楽しみにしている方が多いとお聞きし、

出店させて頂くことになりました。

久しぶりの仕出し弁当作りに、

わくわくしています。

お時間がございましたら、是非食べにお出かけください。

お待ちしております。

posted by: レモン | - | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新しい仕入れ先のご紹介です。

 無添加、天然素材、有機栽培にこだわった仕入れ先のご縁が繋がりました。

まず、一件目のご紹介です。


<有機野菜工房 園田農園>  佐賀県三養基郡

 「野菜の本来の甘さ、匂いを知ってもらいたい。」と、

ご夫婦で元気野菜を作っておられます。


                



<天然酵母 ベーカリー トヰチ屋> 福岡県宗像市

親子二人で作られています。




どんどん素敵な仕入れ先が増えています。

今の世の中だからこそ

自然食の魅力を

伝えて行きたいです。

未来を作る子どもたちの為に!

posted by: レモン | - | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小さな子ども達から感謝状を頂きました。

   

昨年の9月より完全に幼稚園、保育園の弁当に移行して半年がたちました。

テーブルの上には、可愛いお弁当箱がズラ〜リ!



どんな顔をして食べているのかなぁーと想像しながら

毎日、お弁当を作っています。

だんだん出来上がってくる可愛い弁当を見ると

楽しくてたまりません。

そして、あっという間に配達の時間です。

オフィース弁当の時と違って、

アレルギーの子どもたち用の弁当があるので

名前とアレルギーを、一つ一つ確認しながら

慎重に車に積み込んでいきます。

さあー 幼稚園、保育園へ  !! 出発!!



創立21年!

食にこだわり続けた社長の思いが、

こんな素敵な感謝状という形で帰ってくるなんて、

夢にも思っていませんでした。

大変な時もありましたが、弁当屋を続けて本当に良かったと思います。


これからも、

化学調味料や、卵、乳製品、冷凍食品を使わず、

昔ながらの和食を中心に

手作りのお弁当を届けてまいります。





posted by: レモン | - | 03:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新年のご挨拶 2012年元旦
 平素のご厚情を感謝し 皆様のご健康とご繁栄を 心よりお祈り申し上げます

本年も宜しくお願い致します


レモンは、今年で創立21周年を迎えました。

そして昨年の9月より、幼稚園・保育園専門の宅配弁当に変わりました。


無添加弁当に拘りながらも、価格競争に巻き込まれ苦しい時もありましたが、

食の大切さを経営理念とする社長の思いが、

今 育ち盛りの子どもたちの給食という形で 夢開きました。

これからも食の大切さを伝えながら、小さな子どもたちに

よりよい食事を届けて参りたいと思っております。

長い間ご縁を頂いておりましたオフィースの皆様には、大変申し訳なく思っております。

この場をお借りしまして、お詫び申しあげます。

posted by: レモン | - | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
手作り味噌の”みそ開き”
 台所の隅に置いている、去年の11月に仕込んだ手作り味噌の辺りから、なんとなくいい匂い!

「あっ! もうそろそろ! みそ開き?」

半年の間、一度も蓋をあけずに ”ただただ我慢の子” であった味噌が

「もうそろそろですよ!」と合図をしているようだ!

=5月17日(満月) 味噌開き=

なんとなくこの日のような気がして、そろりと蓋を開けてみた。
 
            
「あ〜 なんとも いい香りだ!!」  重石をとり、味噌とのご対面♪♪♪

            

ふむふむ、いい感じだ。「ご苦労様でした。」と挨拶をして、人差し指にちょっと付けて、あ じ み。

「美味しい! いままで自己流で作っていた味噌より、断然 美味しい!

さすが、プロから伝授してもらった味噌の味は、格別だ!」

もう一度人差し指で、今度はたっぷりと付けて、あ じ み。 やっぱり美味しい。

皆様に味わって頂けないのが残念です!
 

さっそく今夜の食卓でお披露目!みんなの満足顔が目に浮かぶようだ。

今夜の我が家のメニュー

      

             ○ 初物 手作り味噌汁・・・豆腐・わかめ・ねぎ

             ○ 自家製 筍のたかな炒め (意外とグー!)

             ○ 自家製 ほうれん草の卵とじ

             ○ 自家製 じゃが芋のこふき芋

             ○ もちろんご飯も自家製無農薬 五分付き玄米
                (去年はいのししにやられ、1/5の収穫でした)

         しっそな献立ですが、全て自家製の材料による、贅沢な夕食でした。















posted by: レモン | - | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
放射線物質を食事で守る!
 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、
お亡くなりになった皆様のご冥福をお祈り申し上げますと共に、
被災されました皆様、その家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

伝統製法による味噌、梅干、醤油、漬物といった発酵食品は、
塩気と、アミノ酸やクエン酸の両方の酸を含んでおり、
これらの酸は、放射線を排除する力があるといわれています。

チェルノブイリ原発の事故が発生した時には、
ヨーロッパの自然食愛好家の間で、
味噌を食べようと言う運動がおこり、
日本から大量の味噌が援助物資として送られたそうです。

世界保健機関WHOでも、
日本の伝統食や伝統発酵食品は高く評価されており、
玄米、味噌、梅干、糠漬けなどの漬物は、
まさしく日本の伝統食です。

海藻のヨードも放射線の害から身を守る働きがあり、
昆布でダシをとり、ワカメなどの海藻を入れた味噌汁は、
抜群の威力を発揮します。

この日本の伝統食が自分の身を守る食として素晴らしい力があることに、
私は日本人として誇りに思います。

そしてレモンのこだわりは、この日本の伝統食を基本にしたものです。
posted by: レモン | - | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
味噌作りに挑戦!
 11月10日 福岡県うきは市にあります「マクロビオティック・レストランながいわの郷・ムスビ」で
プロの味噌造りを伝授していただきました。

そのプロと言うのは、福岡市西区姪浜にある、江戸創業で老舗の味噌屋であるマイズル味噌の白水勝博さんです。

マイズル味噌は、
国産大豆にこだわり、合成調味料・漂白剤・保存料などの添加物は使用せず、四季の気温の移り変わりを基本に、低温でじっくり熟成させる伝統的な技法(室蓋製麹法)で生産していた数少ないメーカーさんです。

白水さんは、次世代の人たちに手前味噌のすばらしさを広めていきたいと、味噌造り教室を開催しています。

白水さんの連絡先です。 福岡市西区姪の浜
3丁目3-27 Fax 092-881-0413


  1         2
  米麹 2k・麦麹 1k                 大豆 1K(一晩水につけて2Kにする) 
  自然塩 560g                     茹で大豆をつぶす。  
  ゆっくりく、やさしくもみほぐす。          つぶし過ぎないように注意!
                              
  3         4
  麹の上につぶした大豆をのせて、        大豆の湯汁をかけながら優しく、
                               強く、混ぜ合わせる。
                                                            混ぜすぎないように注意!

  5         6
  団子に丸めて、桶に叩き入れる。        空気が入らないように押しつぶして行く。
  (空気が入らないように) 
  
                 7
                 出来上がりです。でも食べられるのは
                 来年の5月中旬頃かな!

今までは自己流で造っていましたが、プロの造り方は凄い!

それは、

  ー蠅籠散颪砲詫省な水分が付かないように徹底的に気をつける。

  ⊂錣砲笋気靴、やさしく扱う

  おいしくなーれ!おいしくなーれ!と声をかけながら造る。

  ず埜紊もっと凄い!出来上がった味噌にパワーを入れる儀式!

    「手のひらを太陽に」の歌にあわせて踊りながら、

    「美味しくなーれ」のパワーを入れて行く。


味噌は「医者いらず」と言われるくらい、解毒作用があるそうです。
毎日味噌汁を飲んでいる人は、飲まない人と比べて、胃がんの発生率が低く、
乳がんの発生を抑える働きがあることも明らかになっています。
味噌の微生物は腸内の有害菌の増殖を抑えて免疫機能を高めるなど、
胃腸の活性化にも役立っています。

それに凄いのは、脳細胞の活性化に役立つグルタミン酸や、神経伝達に欠かせない
アセチルコリンの原料となるレシチンや、脳の栄養となるブドウ糖を完全燃焼させ
クリーンなエネルギーをつくるビタミンB群、脳細胞の酸化を防ぐビタミンEなどが多く
総合的に脳を活性化していき、ボケの予防にも効果があるようです。

朝一杯の味噌汁は、とても大切なんですね!

レモンでは子ども達に味噌汁を食べていただく取り組みもしています。



posted by: レモン | - | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
5月の料理教室 メニュー

 先日の日曜日(5月16日) 

レモン社長恒例のマクロビオティック料理教室がありました。

今月のメニュー

5月メニュー

ひえシュウマイ(海老ではありません)

 玉葱の味噌煮(今が旬 無農薬だからとても甘い 社長自家製)

 オニオンスープ(オリーブの香りが、食欲をそそります)

筍ご飯(社長宅の裏山で収穫!採りたてです)

ご飯の酢飯(少し作ってみました。とっても GOO!)

野菜のコロコロサラダ(残り物の野菜で作りました)

よもぎだんご(朝取りたてのよもぎ)

トマトのサラダ(社長のお友達が作っている無農薬のトマトです)

   

来月は6月13日(第二日曜日)です。

只今、生徒さん募集しています。

興味のある方は是非ご連絡下さい。

連絡先:080-5214-4181 秦まで!

posted by: レモン | - | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
野草酵素作りに挑戦
 4月11日に社長の自宅の山や田んぼ周辺で、野草を10kg集め、酵素作りをしました。

     社長宅
  
スギナ、ヨモギ、カラスノエンドウ、カスマグサ、ホトケノザ、タンポポ、アザミ、レンゲ、クローバー、

スミレ、オドリコ草、オオバコ、ビワの葉、筍、さくら、ドクダミ、フキ、梅、まだまだありますが、

        筍     オドリコ草  

とにかくそこいらに咲いている野草(柔らかい新芽ばかり)を取りまくっても、

10圓砲呂覆なかなりません。

やっとの思いでかき集め、今度は水できれいに洗います。 これがまた大変

きれいになった野草を細かく切りながら、砂糖と交互に重ねていきます。

取り合えず今日の作業はここまで!

次の日からは、手を綺麗に洗い、1日1回から2回の天地変えをします。 これまた大変!!

10日程繰り返すと野草のエキスがどんどん出てきました。

それと同時に、野草の何とも言えない良い匂いがしてきて、これまでの大変さも、なんのその!!!

ザルに打ち上げて1日すためると、甘くて美味しい野草酵素の出来上がりです。

ブログに載せる写真を、いつも撮り損ねてしまいます。 残念!

この写真は、酵素を採った後の野草たちです。(畑に撒いて肥料にします。ご苦労様☆)

         お役目の終わった野草


野草10kgから、野草酵素が12リットル!一升ビンで約6本半できました。

              野草酵素

春の野草には、生命力のエネルギーがいっぱいあるので、この野草酵素はもの凄いよ!!!!

野草酵素に興味のある方は、詳しい作り方を伝授しますよ!  ご連絡下さい。

次回は、酵素の効用を少し書いてみたいと思います。
posted by: レモン | - | 23:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |